妊娠前の洋服と妊婦服の違い!マタニティウェアの必要性とは!

maternitywear妊娠しても今までと同じように
おしゃれしてファッションを楽しみたいですが、

着る期間が短いマタニティ服の購入に
ママ達は悩むところですよね(泣)

これからの出費を考えると

「マタニティ服は必要ない!」

というママ達の声も聞こえてきます。

しかし妊娠中は
自分が思っている以上に体型が変化します。

胸も今より大きくなりますが、
お腹とヒップが一番洋服を着たときに
窮屈に感じるところです。

お腹が大きいと、通常の服では前裾が上がります。

また、バストが大きくなると
腕を通す部分がきつくなります。

通常の洋服では、

 シルエットが崩れやすい。
 締め付けられ動きにくい。

というようなことがあります。

マタニティウェアは、
妊娠中の変化する体に対応できる
さまざまな工夫がされています。

妊娠中にあまり変化しない肩や袖幅、
脚の部分などは通常の洋服のサイズとかわりません。

体の変化が少ない部分はスマートに見せ、
変化が大きい部分はゆったりとしたつくりになっています。

ですから、妊婦服は胸やお腹が大きくなっても
バランス良く着こなすことができるのです。

今まで着ていた洋服がきつく感じたら、
マタニティウェアを着ることをおすすめします。

最近の妊婦服は、妊娠初期から産後まで、
長い間着れるように考えられているものが多くあります。

昔に比べると、デザインも流行を取り入れているので、
妊婦服という感じがありません。

妊婦服が絶対に必要!

ということはないですが、
着回しのきくマタニティウェアを
何枚か準備しておくとよいですね。